So-net無料ブログ作成

■病気 うっ血乳頭 [病気(う)]





[フリーダイヤル]視神経の乳頭にむくみが起きて、はれ上がった状態
 うっ血乳頭(にゅうとう)とは、眼底にある視神経の乳頭にむくみが起きて、大きくはれ上がり、充血した状態。
 眼球の奥にある中心窩(か)から少し鼻のほうに寄ったところにあって、眼球壁を貫く視神経乳頭を中心として、視神経は一本のコードのように伸びて、脳とつながっています。視神経乳頭は、網膜の視神経が束ねられて眼球から脳側に出る部分に相当します。
 うっ血乳頭は、脳腫瘍(しゅよう)のほか、水頭症、髄膜(ずいまく)炎、硬膜下出血、くも膜下出血、脳膿瘍(のうよう)などで、頭蓋(とうがい)の内圧が上昇したり、眼内圧が異常に低下した時に起こります。
 初期には無症状なこともありますが、一般症状としては、頭痛、吐き気、嘔吐(おうと)などのほか、時折、視野が暗くなる発作があります。進行すると、視力の低下、視野狭窄(きょうさく)がみられ、視神経は委縮してきます。
 この疾患を起こす原因は、脳腫瘍などいずれも命にかかわる疾患ですので、急いで医師の治療を受けることが必要です。
[フリーダイヤル]うっ血乳頭の検査と診断と治療
 無症状の脳腫瘍もあるので、うっ血乳頭がある場合、医師による精密検査が必要です。
 眼科的な検査のみでなく、脳神経外科的な検査が行われます。眼科的には蛍光眼底検査で視神経乳頭の状態を調べ、脳神経外科的には脳神経症状、頭部X線検査、CT(コンピュータ断層撮影)検査、MRI(磁気共鳴映像法)検査、脳血管撮影などによって調べ、診断が行われます。
 うっ血乳頭自体の治療は行われませんが、脳神経外科との連携により探求された原因疾患の治療を行います。頭蓋の内圧が高まって視神経を圧迫し、乳頭をはれ上がらせる原因疾患が取り除かれずに、うっ血乳頭が持続すると、視神経委縮を起こして失明に至ることもあります。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




タグ:円錐角膜 眼精疲労 視神経炎 結膜炎 緑内障 ドライアイ 近視 乱視 遠視 疲れ目 白内障 弱視 ぶどう膜炎 逆さまつげ 角膜炎 斜視 眼瞼下垂 角膜潰瘍 角膜ヘルペス 仮性近視 アレルギー性結膜炎 網膜剥離 結膜下出血 角膜びらん 視力障害 封入体結膜炎 飛蚊症 涙道狭窄、閉鎖 ビタミンB2欠乏症 ビタミン欠乏症 流行性角結膜炎 夜盲症 はやり目 網膜色素変性症 トラコーマ(トラホーム) 糖尿病性網膜症 睫毛乱生症 霰粒腫 視神経症 急性出血性結膜炎 眼底出血 アポロ病 病気(う) 加齢黄斑変性 クラミジア結膜炎 光視症 色盲、色弱(色覚異常) 老眼(老視) ただれ目(眼瞼縁炎) 眼瞼縁炎(ただれ目) 眼瞼外反症 眼瞼内反症 慢性結膜炎 急性結膜炎 巨大乳頭結膜炎 春季カタル 翼状片 網膜硝子体出血(眼底出血) 雪目(雪眼炎) 突き目(匐行性角膜潰瘍) 角膜変性 強膜炎、上強膜炎 虹彩炎(虹彩毛様体炎) 硝子体混濁 網膜静脈閉塞症 うっ血乳頭 視神経委縮 先天性緑内障(牛眼) 蜂巣炎(眼窩蜂窩織炎) 雪眼炎(雪目) 緑内障発作(急性閉塞隅角緑内障) 慢性閉塞隅角緑内障 開放隅角緑内障 正常眼圧緑内障 続発性緑内障 レーベル病 虚血性視神経症 水晶体嚢性緑内障 原田病 特発性視神経炎 急性閉塞隅角緑内障(緑内障発作) 外傷性視神経症 圧迫性視神経症 腫瘍性視神経症 網膜芽細胞腫 角膜ジストロフィー シェーグレン症候群 結膜弛緩症 スティーブンス・ジョンソン症候群 単性緑内障 偽近視 黄斑変性症 やぶにらみ 閉塞隅角緑内障 スタルガルト病 黄斑ジストロフィー 先天網膜分離症 小口病 先天性黄斑変性症 高血圧性網膜症 網膜動脈硬化症 腎性網膜症 中心性網膜症 X染色体若年網膜分離症 一過性黒内障 家族性角膜変性 黄色斑眼底 斑状網膜症候群 先天性停止性夜盲 先天性進行性夜盲 杆体錐体ジストロフィー 若年網膜分離症 近目 調節緊張性近視 光誘発角膜炎 黄斑前膜 オカルト黄斑ジストロフィー 優性遺伝性ドルーゼン 優性遺伝性若年性視神経委縮症 遺伝性視神経症 家族性ドルーゼン 眼部帯状疱疹 レーベル先天性黒内障 コーツ病 滲出性網膜炎 結膜結石 ヘルペス性角膜炎 細菌性角膜炎 水疱性角膜症 交感性眼炎 急性網膜壊死 桐沢型ぶどう膜炎 顆粒性結膜炎 フリクテン性結膜炎 網膜前膜
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0