SSブログ

■ピロリ除菌の治療、保険適用の対象が拡大 [健康ダイジェスト]

 胃がんとのかかわりが深いとされる胃粘膜細菌ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の除菌治療について、厚生労働省は18日、保険適用の対象範囲を広げる通知を都道府県などに出しました。
 従来は胃潰瘍と十二指腸潰瘍の患者に限られていましたが、除菌治療に使う15種類の医薬品に、新たな効能・効果が承認されたのに伴うもの。新たに保険適用されるのは、悪性リンパ腫の「胃MALTリンパ腫」や難病の「特発性血小板減少性紫斑病」の患者と、早期胃がんに対する内視鏡の治療を受けた患者。
 ピロリ菌は胃の粘膜にいて、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こすとされます。日本ヘリコバクター学会は、薬による除菌治療が胃がんの予防に役立つとして、保険適用の拡大を厚労省に要望していました。
 従来は除菌前の検査や、薬による除菌治療に公的な医療保険が使えるのは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者に限定されていました。

 2010年6月19日(土)

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0