So-net無料ブログ作成

■東京都のインフルエンザ患者数が過去最多 関東4県でも過去最多に [健康ダイジェスト]



 東京都内ではインフルエンザの患者の増加が続き、1月27日までの1週間で、1医療機関当たりの患者数がこれまでで最も多くなったことがわかりました。東京都はこまめな手洗いなどの対策の徹底に加えて、感染が疑われる場合は医療機関を早めに受診するよう呼び掛けています。
 東京都によりますと、1月21~27日までの1週間に都内の415の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、1つの医療機関当たり64・18人となり、前の週より10人以上増えました。
 これは、統計を取り始めた1999年以降では、昨年1月の54・10人を上回ってこれまでで最も多くなりました。これまでに検出されたウイルスを分析したところ、10年前に「新型インフルエンザ」として世界的に流行した「H1N1型」が全体の約70%を占めているということです。
 東京都はインフルエンザの流行を受けて、すでに1月17日に「流行警報」を発表しており、マスクの着用や手洗いの励行、適度な湿度の保持、十分な休養とバランスの取れた栄養摂取などを呼び掛けています。
 このほか関東地方では、1医療機関当たりのインフルエンザの患者数が埼玉県内で84・09人、千葉県内で73人、栃木県内で67人となり、いずれも統計を取り始めた1999年以降、2週連続で過去最多を更新したほか、神奈川県内でも67・94人と、1999年以降、過去最多になりました。

 2019年1月31日(木)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。