SSブログ

■医療機関に支払う初診料、再診料を値上げへ 消費増税対応で10月から [健康ダイジェスト]

 厚生労働省は6日、今年10月に予定されている消費税率10%への引き上げに伴い、医療機関に支払われる初診料(現在2820円)を60円、再診料(同720円)を10円それぞれ引き上げることを決めました。同日開かれた中央社会保険医療協議会(中医協=厚労相の諮問機関)に示し、大筋で了承されました。
 引き上げにより、10月以降は患者の窓口負担(年齢や年収により1~3割)が増えます。3割負担の患者の場合、初診料が18円増の864円、再診料は3円増の219円となります。入院料は医療機関の種類や規模に応じて異なりますが、一般病棟の入院基本料の場合230~590円引き上げられます。
 医療機関が医療機器などを仕入れる際には消費税がかかる一方、患者が窓口で払う料金は非課税のため、増税分は医療機関が負担することになります。そのため、消費増税に際しては診療報酬を引き上げ、医療機関の負担を減らす仕組みとなっています。
 2014年に消費税率が8%に引き上げられた際は、医療機関に支払われる初診料は120円、再診料は30円それぞれ引き上げられました。

 2019年2月6日(水)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。