So-net無料ブログ作成

■異性間の性交渉、経験なしが25% 日本の18~39歳男女 [健康ダイジェスト]



 18~39歳の日本人の25%に異性間の性交渉経験がないとする研究結果を、東京大学とスウェーデン・カロリンスカ研究所の研究チームが8日付のイギリスの医学誌「BMCパブリックヘルス」に発表しました。2015年時点の推計で、23年前の20%から増えていました。1万人以上の調査データを分析しました。
 調査では、特に雇用や経済状態が不安定な男性で割合が高い一方、未経験の男女の8割に結婚願望がありました。研究チームは、「性交渉がないのは本意ではない可能性がある」とみています。
 今回の調査には1987~2015年に実施された計7回の「出生動向基本調査」のデータを使用。同調査は、国立社会保障・人口問題研究所が18~39歳の成人(1987年のみ18~34歳)を対象としてほぼ5年ごとに実施しています。
 1992年と2015年を比べると、未経験の割合は男性が20%から25・8%、女性が21・7%から24・6%に増加。割合は上の年代ほど少ないものの、2015年は35~39歳男性の9・5%、女性の8・9%が未経験で、1992年からほぼ倍増しました。
 2010年調査の分析では、25~39歳男性の場合は、無職、非正規・時短雇用および低い収入が未経験と関連することが判明しているといいます。年収300万円を切ると割合は跳ね上がりました。
 研究チームは、「こうした傾向が日本の出生率の低さにどう影響しているか、さらに研究が必要だ」としました。同性間の性交渉はデータがなく分析できなかったといいます。

 2019年4月8日(月)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。