So-net無料ブログ作成

■筋肉増強剤で健康被害が広がっている恐れ 厚労省が調査へ [健康ダイジェスト]



 筋トレ(筋力トレーニング)愛好家に健康被害が広まっている恐れがあるとして、厚生労働省が筋肉増強剤「アナボリックステロイド」の利用状況や流通経路などの実態調査に乗り出したことが5日、わかりました。同剤は肝機能障害や生殖機能低下などの副作用があり、実際に被害も報告されています。
 厚労省によると、アナボリックステロイドは骨粗しょう症の治療に用いられ、胃炎や吐血、けいれんなどの副作用があります。治療で使う場合は医師の処方が必要ですが、個人輸入する場合は不要。
 筋肉増強などの目的で、インターネットを通じて簡単に海外から購入できる状況になっています。厚労省は危険性が高いと確認した場合、輸入規制も行う考えです。
 「薬に頼った結果、障害を抱えてしまった」。岡山県の男性(27歳)は、アナボリックステロイドを使って筋トレを続けた3年間を悔やみます。
 体を鍛えようとジムに通うようになった17歳の時、雑誌で知って使い始めました。同剤の服用と連日の筋トレで、体重は1カ月で10キロ増加し、100キロが限界だったベンチプレスは150キロまで挙げられるようになりました。筋肉が大きくなるのがうれしく、より強力とされるものに手を伸ばしました。
 異変が生じたのは使用から半年後。イライラすることが増え、胸部が女性のように膨らみ、急激な筋肉量の増加で肌には亀裂が現れました。幻覚も現れるようになり、統合失調症と強迫性障害と診断されました。
 その後、使用をやめたものの、障害の影響で仕事が続けられず、皮膚には今も亀裂の痕が残ります。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で同剤が好意的に紹介されている最近の状況に危機感を抱き、ブログで体験談をつづって安易に使用しないよう訴えています。

 2019年9月5日(木)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。