So-net無料ブログ作成

■ダイエット食品「ケトジェンヌ」で下痢 消費者庁、商品名を公表し注意喚起 [健康ダイジェスト]




 
 「ダイエットをサポートする」などとうたった健康食品「ケトジェンヌ」を飲んで下痢などの健康被害が起きたという事例が短期間で急増しているとして、消費者庁は6日、消費者安全法に基づき注意喚起を出しました。
 また、東京都渋谷区にある販売会社「e.Cycle(イーサイクル)」に対して行政指導をしました。健康食品に関して、消費者安全法に基づいて食品名と事業者名を公表するのは初めて。消費者庁消費者安全課は、「被害拡大防止の観点から公表に踏み切った」としています。
 消費者庁によると、ケトジェンヌは中鎖脂肪酸油などを含むカプセル状の健康食品で、今年3月から主にインターネット上で販売されています。「ケトジェンヌで不足になりがちな栄養素を補いながらダイエットを継続することで、無理せず健康的にスリムなボディーになれる」などと宣伝されています。
 消費者庁の事故情報データバンクには、4~8月に89件の被害情報が登録されており、うち7月以降が78件でした。下痢やおなかの調子が悪くなったなどの消化器障害が72%、じんましんが出たなどの皮膚障害が17%で、女性の被害が約7割でした。
 1袋あたり7500円前後で、定期購入だと割引があります。消費者庁の調査に対し、e.Cycleの担当者は「6、7月で3万件ずつ新規顧客を得た」と話したといいます。
 消費者庁の担当者は、「体調不良が生じた場合は速やかに使用を控え、医療機関や保健所に相談してほしい」と話しています。契約に関する相談は、消費者ホットライン「188(いやや)」へ。
 e.Cycleは6日、ホームページに「弊社商品は適正・安全性を保持していると認識しています」とのコメントを出しました。

 2019年9月6日(金)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。