So-net無料ブログ作成

■「がんゲノム医療拠点病院」に全国34カ所指定へ 厚生労働省 [健康ダイジェスト]




 
 がん患者の遺伝子を調べて最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム(全遺伝情報)医療」について、厚生労働省は全国34の医療機関を地域の拠点病院に指定し普及を図っていくことになりました。
 がんの「ゲノム医療」は患者のがん細胞の遺伝情報を解析して、最適な治療薬を選ぶ新しい医療で、国のがん対策の基本計画で柱の1つに掲げられています。
 厚生労働省の専門家会議はゲノム医療を普及させるため全国34の医療機関を地域の拠点病院に選びました。
 拠点病院ではがん患者の遺伝子検査を行って、その結果を医学的に解釈し最適な治療薬は何かを検討します。また地域にある別の医療機関で実施された遺伝子検査の結果も集約して検討を行い、拠点病院の役割を担います。
 選ばれたのは、北海道で1カ所、東北では青森県と山形県でそれぞれ1カ所、関東信越では東京都で4カ所、神奈川県で3カ所、埼玉県で2カ所、茨城県、千葉県、新潟県、長野県でそれぞれ1カ所、東海北陸では富山県、石川県、静岡県、愛知県、三重県でそれぞれ1カ所、近畿では大阪府で3カ所、兵庫県で3カ所、中国・四国では広島県、香川県、愛媛県でそれぞれ1カ所、九州では福岡県で2カ所、長崎県と鹿児島県でそれぞれ1カ所となっています。
 34の拠点病院は9月中に指定される見通しで、これによってすでに指定されている国立がん研究センター中央病院など11の中核拠点病院と合わせて全国45か所で、遺伝子検査を基にした治療薬の検討が可能になります。

 2019年9月16日(月)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。