SSブログ

■世界の平均寿命、2050年に4・5年延びて78・1歳に 健康寿命は2・6年の延び [健康ダイジェスト]

 2022年に73・6歳だった世界の平均寿命が、2050年には4・5年延びて78・1歳になるとの予測をアメリカのワシントン大などの国際チームが16日、イギリスの医学誌「ランセット」に発表しました。感染症や栄養不足、妊婦・新生児の死亡が減ることが理由。代わりに生活習慣病が課題となり、健康寿命の延びは2・6年にとどまります。
 サハラ以南のアフリカを始め所得が比較的低い地域で改善が大きく、世界の寿命格差は縮まる見通し。日本は女性の寿命が2050年にかけて1・1年延び、89・2歳に。男性は2年延びて84・2歳になります。健康寿命の延びは女性が0・8年、男性が1・4年と、世界平均より小幅です。
 国際チームは各国の所得や学歴、出生率のほか、さまざまな病気やけがなどの死亡率予測を基に、204の国と地域について早期死亡の状況などを推定しました。2022年以降の寿命の延びは、新型コロナウイルス禍以前の30年間に比べて緩やかになります。

 2024年5月17日(金)

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。