SSブログ

■アメリカFDA、HPV検査で自己採取を許可 がん早期発見に一助 [健康ダイジェスト]

 アメリカ食品医薬品局(FDA)は16日までに、子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の検査で細胞の自己採取を承認しました。自己採取を可能にすることで、がんの早期発見につながる検査のさらなる普及が期待されています。
 自己摂取が承認されたのは、スイスの製薬大手ロシュとアメリカの医療機器大手ベクトン・ディッキンソンの検査キット。病院やクリニック、薬局で自分で採取します。アメリカメディアによれば、FDAは近く自宅でも採取できる別の検査キットを承認する可能性があります。
 ほぼすべての種類の子宮頸がんはHPVと関連しています。これまでの検査は子宮頸部からへらのような器具で細胞を医者が採取する方法が一般的でしたが、この採取方法に抵抗感がある人が多いほか、近くに医療従事者がいない場所では検査を受けにくいという課題がありました。自己採取ができれば検査をする人が増えると期待されています。
 アメリカがん協会(ACS)のウィリアム・デーハット最高科学責任者(CSO)は、「子宮頸がん患者の大半は一度も検査を受けたことがない人や、しばらく検査していない人に多い」とコメントしました。
 アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、アメリカでHPVが原因とされるがんの発症件数は年間推計で約3万7000件。そのうち子宮頸がんは約1万件となります。

 2024年5月19日(日)

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。