SSブログ

■出産費用、厚労省ホームページで公開 全国2000施設「見える化」 [健康ダイジェスト]

 厚生労働省は、出産を取り扱う全国約2000の病院や診療所などについて、費用やサービスを一覧で確認できるウェブサイト「出産なび」を30日に開設し、イベントで発表しました。
 サイトには施設ごとの分べん費用や個室料といった出産にかかわる費用の内訳のほか、立ち会い出産や無痛分べん、産後ケアなどのサービスが一覧で掲載されており、地域やサービス内容などで絞り込んで検索することもできます。
 今回の施策を踏まえ、厚労省などは、再来年度・2026年度をメドに導入を検討している出産費用の保険適用について本格的に議論を始めることにしており、6月にも専門家や当事者らによる検討会の初会合を開くことにしています。
 公開されたサイトでは、出産を取り扱う全国の病院や診療所、助産所のほとんどに当たる2043施設の情報がまとめられています。
 掲載されているのは、分べん費用や個室料といった出産にかかわる費用の内訳のほか、年間の出産取り扱い件数、無痛分べんや立ち会い出産、産後ケアといったサービスの有無などです。
 地域ごとの施設の場所を地図や一覧で確認することができるほか、サービスなど、条件ごとに絞り込んで検索することもできます。
 また、施設の連絡先や公式ホームページのURLも掲載され、情報は定期的に更新されるということです。

 2024年5月30日(木)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。