SSブログ

■臓器が体外に出る骨盤臓器脱に悩むシニア女性をサポートする下着開発 埼玉県の婦人下着メーカー [健康ダイジェスト]

 婦人下着製造・販売の島崎(埼玉県秩父市)は、加齢や出産などで子宮などの臓器が体外に出てしまう骨盤臓器脱による異物感や尿漏れなどをサポートする下着を、骨盤底筋トレーニング専門家と共同開発しました。認知度も理解度も低い病気のため、症状に悩み、生活の質(QOL)を落としているシニア層の女性が潜在的に多いとみられます。女性たちが日常生活を快適に送れる下着として期待されます。
 骨盤臓器脱は、子宮やぼうこう、直腸など骨盤内に収まっている臓器が膣(ちつ)などから体外に出てしまう病気で、主に中高年の女性に見られます。加齢や出産により骨盤の底を支える筋肉などが緩むことが原因とされます。人には相談しにくいデリケートな症状のため、日常生活で異物感や尿漏れなどに悩みながらも我慢している女性たちが多くいるとみられます。
 異物感や尿漏れなどをサポートするガードル下着「ソコブラ」を今回、同社と一緒に共同開発した北條裕紀恵さん(50)は、看護師として勤務していたころから臓器脱に悩む女性を多く目にし、骨盤底筋トレーニングサロンを都内に開業。サロンにくる女性たちをアンケート調査し、2年前から共同開発に着手しました。「試作を繰り返し、機能性はもちろん、洋服に響かない、日常生活を快適に過ごせる下着にこだわった」とし、病院や医学会の展示ブースなどでも紹介し、話題になっている。
 骨盤の底を引き上げ、股の部分を安定させながらフィット感を得られるよう、長細く緩みのないサポートバーを股から背面(お尻の上の部分)にホックで固定させる構造。ホックは3段階調整で、脱着時には音もしません。凹凸感も少ないため、アウターにも響きにくく、股部分のフリーポケットにはナプキンなどを丸めて入れることができ、フィット感の調整も可能です。
 同社営業部の大野一副部長(41)は、「『フェムテック』に注目が集まる一方で、臓器脱を知らない人が多く、商品の選択肢も少ない。丁寧に説明をし、認知を広げ、潜在的に困っている女性たちの元に届けたい」と話しています。
 価格は1万1980円(税込み)。ネットショップ「ランジェリーガーデン」で購入できます。問い合わせは、同社(電話0494・22・2535)へ。

 2024年6月20日(木)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。