SSブログ

■帯状ほう疹のワクチン、接種費用を公費補助の定期接種へ 厚労省 [健康ダイジェスト]

 痛みを伴う水膨れが帯状に現れる皮膚疾患の「帯状ほう疹」のワクチンについて、厚生労働省は接種費用を公費で補助する「定期接種」に含める方針を決めました。今後、接種の対象年齢などについて専門家会議で議論した上で、正式に決定することにしています。
 帯状ほう疹は、体内に潜伏していた「水ぼうそう」と同じウイルスが加齢や疲労などによる免疫力の低下で活性化され、痛みを伴う水膨れが帯状に現れる皮膚疾患です。
 患者は50歳以上に多く、長引く神経痛などの合併症を引き起こす恐れがあります。
 予防策としては、50歳以上の人や感染リスクの高い人を対象に、生ワクチンや不活化ワクチンが有効とされていますが、いずれも任意接種で、生ワクチンは約1万円、不活化ワクチンは約4万4000円の自己負担が必要です。
 厚労省の専門家会議は、接種費用を公費で補助する定期接種化に向けた検討を進めてきましたが、20日の会議で国立感染症研究所のワクチンの分析結果が共有され、生ワクチンと不活化ワクチンのいずれについても有効性や安全性が確認され、費用対効果についても効果が期待できるとして、ワクチンを定期接種に含める方針が了承されました。
 今後、接種の対象年齢などについて専門家会議で議論した上で、正式に決定することにしています。

 2024年6月20日(木)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。