So-net無料ブログ作成

■本気で自殺を考えた人の67%は1年後も同じ心境 日本財団調査 [健康ダイジェスト]





 2016年の調査時に「本気で自殺したいと考えている」と答えた人の67%が、1年後の2017年の調査でも同じ考えを抱き続けているとの調査結果を、公益・福祉事業を手掛ける公益財団法人「日本財団」が13日に公表しました。自殺未遂をした人の55%が繰り返していたとの調査結果も出たといいます。調査に携わった専門家は、継続的な支援体制の必要性を訴えています。
 日本財団は2016年8月、全国の20歳以上の男女を対象に自殺に関する意識調査をインターネット上で実施。得られた約4万人の回答を分析し、「25%が過去に本気で自殺を考えたことがある」と発表しました。今回は2017年7月、2016年調査の回答者に質問する「追跡調査」をインターネット上で行い、2万1142人の回答を分析しました。
 2016年調査で「1年以内に本気で自殺を考えた」と回答したのは3%。その中で2017年調査に応じた人の67%が、再び「1年以内に本気で自殺を考えた」と回答しました。同様に2016年調査で「1年以内に自殺未遂をした」とした人のうち、55%が今回も過去1年以内に自殺未遂をしたと答えたといいます。
 自殺念慮の原因を調査したところ、「家庭の問題・健康問題・経済的な問題」を抱えている人が19%で最多。「経済的な問題・仕事上の問題・健康問題」(8%)、「家庭の問題のみ」(7%)、「仕事上の問題、家庭の問題、健康問題」(5%)という結果でした。
 健康問題が自殺念慮につながっている人の多くは、心身に持病を抱えていました。また、家庭の問題を抱えている人の多くは、「離婚」「死別」が自殺念慮の原因になっていました。
 一方、この1年間で「自殺念慮がなくなった」と答えた人は、不和など家庭の問題が解消されているケースが多数でした。
 また、調査では、自殺や自殺未遂を防ぐには「地域社会との程よい関係性」「地域への愛着」が重要な役割を果たすことが判明しました。
 調査対象者と近隣住民との関係性を調べたところ、「あいさつ程度の付き合いがある」「日常的に立ち話をする」と答えた人は、自殺念慮が軽減されるケースが多くなりました。
 ただ、相談や日用品の貸し借りをするなど、「生活面で近隣住民に協力してもらっている」と答えた人には、自殺念慮を軽減する効果がみられないことがあり、日本財団は「親密すぎるよりも、適度な距離感があるほうが自殺念慮を抱かなくなる」と分析いsています。
 また、住んでいる地域への愛着を聞いたところ、「引っ越したい(住み続けたくない)」と答えた人よりも、「どちらかといえば住み続けたい」「住み続けたい」と答えた人のほうが自殺念慮が抑えられていることもわかりました。
 調査対象者がスポーツや趣味・娯楽活動に取り組んでいる場合は、「年に数回」「週1日程度」の頻度であれば自殺念慮が軽減される効果があったものの、「週に2~3日以上」と多い場合は逆に悪化させることもわかりました。
 睡眠時間については、働く女性は7時間、男性は8時間程度の睡眠が自殺念慮の軽減効果があるものの、それより長い場合と短い場合は逆効果であることもわかりました。
 調査の中心を担った世界平和研究所の高橋義明主任研究員は、「一度自殺を本気で考えると、その気持ちは簡単には消えない。一人一人の事情を踏まえた継続的な支援が求められる」と話しています。日本財団は、「本調査の実施を通して、自殺対策の必要性について社会の機運を醸成し、自殺対策を実施する自治体や民間団体が、施策や事業をより促進していくことを目指す」としています。

 2018年9月16日(日)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■イグ・ノーベル賞、日本人医師が受賞 自分自身で大腸内視鏡検査 [健康ダイジェスト]





 ノーベル賞のパロディーで、ユニークな研究に贈られる第28回「イグ・ノーベル賞」の授賞式がアメリカのハーバード大学で行われ、座った姿勢で自分で尻から内視鏡を入れ大腸の状態を調べる研究を行った長野県の医師が「医学教育賞」を受賞し、日本人の受賞は2007年から12年連続となりました。
 イグ・ノーベル賞は1991年にノーベル賞のパロディーとして、アメリカの科学誌「風変わりな研究の年報」が始めた賞で、ハーバード大学で13日、授賞式が行われました。
 このうち医学教育賞は、長野県駒ヶ根市の昭和伊南総合病院の消化器病センター長、堀内朗(あきら)医師が受賞しました。堀内医師は、座った姿勢で自分自身で尻から内視鏡を入れて大腸の状態を診ることが可能か調べ、個人的な経験としては簡単に効率的にできたと論文にまとめました。
 授賞式では、白衣姿の堀内医師が実際にどのように内視鏡を入れるか身ぶりで示しながら、「左手で動かして右手で入れる」などと説明すると、会場は大きな笑いに包まれました。
 堀内医師は、内視鏡の検診が楽になる方法を試行錯誤する中、研究を行ったということで、少量の麻酔を使うことで、不快感が少なく手軽な大腸内視鏡検査法を2006年に実現。この手法は全国の医療機関から注目され、「駒ヶ根方式」と呼ばれているといいます。
 受賞スピーチで堀内医師は、「受賞に戸惑っていますが、これを切っ掛けに多くの人が検診を受け、大腸がんで亡くなる人が減ってほしいと思います。内視鏡検査を受けてくださいね」と話していました。
 観客の男性は、「自分で内視鏡検査をするのは面白そうですが、私なら医師にやってもらうのを選ぶでしょうね」などと話していました。 イグ・ノーベル賞の主催者のマーク・エイブラハムズさんは、「多くの医師が堀内さんから学ぶことになると思います。日本の研究者は豊かな想像力があり、突飛で、素晴らしいと思います」と述べました。
 その上で、「誰もわかっていないことを理解しようとするのが本当の研究で、それによって利益が上がるかどうかは関係ありません。自分の研究に没頭できる研究者がいることは希望になると思います」と話していました。 今年のイグ・ノーベル賞は、世界で最も名誉ある賞とされる本物のノーベル賞と同様、合わせて10の分野で、まず人々を笑わせ、それから考えさせるような個性的な研究を行った研究者が受賞しました。
 このうち「医学賞」は、ジェットコースターに乗ることで腎臓にできた結石を早く排出できるかどうか調べたアメリカの研究者2人が受賞しました。「栄養学賞」は、人肉は他のほとんどの肉よりも著しく低カロリーであることを突き止めたイギリスとタンザニア、ジンバブエの研究チームに贈られました。
 また、「人類学賞」は動物園にいるチンパンジーが、見学に訪れた人がチンパンジーのものまねをするのと同じくらいの頻度で、人間のものまねをしていると突き止めたスウェーデンやルーマニア、インドネシアなどの研究チームが受賞し、「化学賞」は絵画などの表面についた汚れを唾液を塗って、きれいにできるか調べたポルトガルの研究チームが受賞しています。
 人間の日常の行動をユニークな視点で分析した研究も受賞しており、複雑な製品を使う人のほとんどは取扱説明書を読まないことを証明したオーストラリアやセルビアなどの研究チームが「文学賞」、車を運転している時に叫んだり、悪態をついたりすることの頻度や効果などを調べたスペインとコロンビアの研究者が「平和賞」を受賞しました。

 2018年9月16日(日)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康