So-net無料ブログ作成

■第一三共、新型抗がん剤の販売を申請 イギリス大手と提携 [健康ダイジェスト]





 第一三共(東京都中央区)は9日、開発中の新型抗がん剤について、日本での製造販売を厚生労働省に承認申請したと発表しました。がんを効果的に攻撃できる新型で、まずは乳がんに対する画期的な新薬として期待されています。
 グローバルでイギリスの大手アストラゼネカと臨床試験(治験)や販売を共同で実施し、第一三共は対価として約7600億円を受け取る予定です。 
 厚労省に承認申請したのは、新型抗がん剤「トラスツズマブ・デルクステカン(開発名DS-8201)」。抗体に低分子薬を結び付けた抗体薬物複合体(ADC)という新型の抗がん剤で、従来の薬より高い確率でがんを狙い撃ちできるといいます。今回の申請は、乳がんを対象にしました。
 トラスツズマブ・デルクステカンは第一三共が開発し、がん領域に強く世界に販売網を持つアストラゼネカと提携しました。日本での販売は第一三共が単独で手掛け、ロイヤルティーをアストラゼネカに支払います。その他の地域では両社が共同で販売促進し、第一三共はアストラゼネカから開発や販売の状況に応じて、対価を受け取ります。
 トラスツズマブ・デルクステカンは、乳がんのほか、肺がんや胃がんでの治験も実施中です。

 2019年9月10日(火)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康