SSブログ

■裸眼視力1・0未満の中学生が初の6割超に 文科省が学校保健統計調査 [健康ダイジェスト]

 文部科学省は13日、幼稚園児(5歳)から高校3年生までの発育や健康状態を調べる2021年度の学校保健統計調査の結果(速報値)を発表しました。標準体重より20%以上重い「肥満傾向」の子供の割合は、高3を除く全学年で、コロナ禍前の2019年度より増えました。学校の長期休校の影響などで大幅に増加した2020年度に比べると、多くの学年で改善していました。
 発表によると、肥満傾向の割合は小学生で5~10%台、中学生は9~10%台、高校生は8~9%台。幼稚園児は3・66%でした。コロナ禍前の2019年度と比べ、小学生と中学生の一部で1ポイント以上増えており、特に男子で増加が目立ちました。
 肥満傾向は、現在の方式で調査を始めた2006年度以降は改善傾向にあったものの、新型コロナウイルスの感染が拡大し、長期休校に見舞われた2020年度は大幅に悪化。2021年度はやや改善し、文科省は「生活リズムが崩れ、運動不足となった2020年度と比べ、通常の生活に戻りつつある」とみています。ただ、大半の学年でコロナ禍前には戻っておらず「活動範囲が狭い状況が続いているのではないか」としています。
 また、裸眼視力1・0未満の中学生の割合は過去最悪の60・28%で初めて6割を超えました。小学生は過去最悪の前年度より0・65ポイント減の36・87%、高校生は1・24ポイント増の64・41%でした。
 原因として、外遊びが減り、ゲーム機やスマートフォンなどを操作する時間が長くなった影響が考えられます。2021年度からは小中学校で1人に1台のパソコンやタブレット端末を配って行うデジタル授業が本格的に始まりました。
 調査の統計分析アドバイザーを務める衛藤隆・東大名誉教授(健康教育学)は、「コロナ禍でタブレット端末やスマートフォンの利用が増え、近くを見る時間が長くなり、視力低下につながっていることが考えられる」と指摘しています。
 例年、学校保健統計調査は4~6月に行いますが、コロナ禍の影響で2020、2021年度は1年間に期間を延長して実施しました。文科省は調査時期が例年と異なるため、「過去の数値と単純比較はできない」としています。

 2022年7月17日(日)

nice!(0)  コメント(11) 
共通テーマ:健康

■新型コロナ感染、全国で10万5584人 3日連続10万人超え [健康ダイジェスト]

 17日は午後6時までに、東京都で1万7790人、大阪府で1万804人、神奈川県で8147人、埼玉県で6547人、愛知県で6222人、福岡県で5859人、兵庫県で5575人、沖縄県で4165人など全47都道府県と空港検疫で、新たに10万5584人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。
 1日当たりの過去最多を更新した16日の約11万675人を下回ったものの、3日連続で10万人を超える高い水準が続いています。17日は沖縄県や和歌山県などで過去最多となりました。
 また、長崎県で3人、島根県で2人、京都府で1人、千葉県で1人、大阪府で1人、宮城県で1人、宮崎県で1人、山口県で1人、山梨県で1人、東京都で1人、熊本県で1人、神奈川県で1人、福岡県で1人、群馬県で1人の、合わせて17人の死亡の発表がありました。
 国内で感染が確認された人は、空港検疫などを含め1033万4531人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて1033万5243人となっています。
 感染して亡くなった人は、国内で感染が確認された人が3万1602人、クルーズ船の乗船者が13人で、合わせて3万1615人です。
 厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、前日より15人減って17日時点で129人となっています。新型コロナ感染の「第6波」で2月に記録した約1500人と比べると、少ない水準となっています。
 一方、大阪府は17日、新型コロナウイルスの新たな感染者を1万804人確認したと発表しました。感染者数は前週同曜日(5080人)と比べ5724人増えました。1日当たりの感染者数が1万人を超えたのは2日連続。府内の感染者は延べ111万7058人となりました。
 新たに80歳代の女性1人の死亡が判明し、府内の累計死者数は5233人となりました。
 17日時点の重症者は前日から1人増の12人で、重い持病などを抱える軽症・中等症患者らを含め重症病床(599床)の実質の使用率は8・5%となりました。軽症・中等症病床には1606人が入院しており、軽症・中等症病床(3953床)の使用率は40・6%となりました。40%を超えたのは3月25日(40・1%)以来。
 新規感染者のうち、感染者と同居して症状があり、PCR検査を受けずに医師の診断で陽性と判断された濃厚接触者は178人でした。自宅療養者は5万9170人。公費によるPCR検査などを2万2229件実施しました。

 2022年7月17日(日)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■東京都で新たに1万7790人が新型コロナ感染 6日連続で1万人を超える [健康ダイジェスト]

 東京都は17日、都内で新たに10歳未満から100歳以上の1万7790人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
 1週間前の日曜日(10日)の1・88倍で、8308人増えました。都内で感染確認が1万人を超えるのは6日連続で、感染の急激な拡大が続いています。17日までの7日間平均は1万5292・9人で、前の週の202・3%でした。
 新規感染者を年代別にみると、20歳代が3456人と最も多く、30歳代が2849人、40歳代が2679人と続きました。65歳以上の高齢者は全体の8・8%に当たる1569人でした。
 ワクチンの接種状況別では、2回接種済みが1万1120人、未接種は3480人でした。
 病床使用率は37・5%。都が30~40%で緊急事態宣言の要請を判断するとしている重症者用病床使用率は9・8%でした。
 人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO<エクモ>)を使っているとする都基準の重症の患者は、16日より1人減り13人でした。
 一方、都は感染が確認された80歳代の男性1人が死亡したことを発表しました。
 東京都の累計の感染者数は176万9750人となり、累計の死者数は4597人になりました。

 2022年7月17日(日)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■新型コロナの新たな感染者、11万675人 全国の1日の発表で過去最多 [健康ダイジェスト]

 16日は午後8時45分の時点で、東京都で1万8919人、大阪府で1万2351人、神奈川県で7638人、愛知県で7269人、福岡県で6588人、埼玉県で6115人、千葉県で5429人、兵庫県で5068人など全47都道府県と空港検疫で、新たに11万675人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。
 1日当たりの新規感染者はこれまでで最も多かった今年2月1日の10万4484人(厚生労働省集計)を超えて、過去最多になりました。愛知や福岡など14県でも、過去最多となりました。
 また、東京都で2人、三重県で1人、佐賀県で1人、北海道で1人、千葉県で1人、埼玉県で1人、大阪府で1人、宮崎県で1人、岐阜県で1人、岩手県で1人、島根県で1人、広島県で1人、愛媛県で1人、熊本県で1人、福岡県で1人、茨城県で1人、静岡県で1人、香川県で1人、鹿児島県で1人の、合わせて20人の死亡の発表がありました。
 国内で感染が確認された人は、空港検疫などを含め1022万8959人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて1022万9671人となっています。
 感染して亡くなった人は、国内で感染が確認された人が3万1585人、クルーズ船の乗船者が13人で、合わせて3万1598人です。
 厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、16日時点で114人となっています。
 一方、大阪府は16日、新型コロナウイルスの新たな感染者を1万2351人確認したと発表しました。新規感染者が1万人を超えるのは7月13日以来で、前週同曜日(5566人)と比べ6785人増え、府内の感染者の累計は110万6188人となりました。
 新たに50歳代の女性1人の死亡が判明し、府内の累計死者数は5232人となりました。
 16日時点の重症者は前日から2人増の11人で、重い持病などを抱える軽症・中等症患者らを含め重症病床(599床)の実質の使用率は8・3%となりました。軽症・中等症病床には1514人が入院しており、軽症・中等症病床(3953床)の使用率は38・3%となりました。
 新規感染者のうち、感染者と同居して症状があり、PCR検査を受けずに医師の診断で陽性と判断された濃厚接触者は165人でした。自宅療養者は5万4192人。公費によるPCR検査などを2万5035件実施しました。

 2022年7月17日(日)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康