SSブログ

■早期大腸がん、人工知能の技術により正確に診断 福島医大と会津大がシステム開発 [健康ダイジェスト]

 福島医大会津医療センターは20日、会津大と共同で早期大腸がんの治療方針を決定する「人工知能による自動内視鏡診断システム」を、開発したと発表しました。これまで開発が報告されているシステムより臨床に近い診断精度が検証されており、今後の実用化が期待されるとしています。
 研究は同センター小腸・大腸・肛門科学講座が主管。九州から北海道にまで至る全国の基幹病院10施設から提供を受けた早期大腸がん患者1513人の内視鏡画像5108枚を使用し、会津大の研究チームが人工知能(AI)で分析するなどして開発しました。
 早期大腸がんの治療方針は、大腸壁へのがん浸潤の深さ(がん深達度)によって決定されます。がん深達度の判断は従来、画像強調内視鏡画像や拡大内視鏡画像などの特殊な画像により行われてきました。
 開発した「人工知能による自動内視鏡診断システム」は、通常内視鏡画像(白色光)のみを用いて、がん深達度を正確に診断できることが実証されたといいます。その診断精度はレベルの高い熟練医と同等であり、若手の内視鏡医よりも優れていました。
 これまでにも、通常内視鏡画像のみを用いて、早期大腸がんの治療方針を決定する「人工知能による自動内視鏡診断システム」を開発した報告はありますが、診断精度を判断する試験対象の中に、明らかな進行がんや良性腺腫が含まれていたため、診断精度を疑問視する考えもありました。
 今回の研究では、試験対象を早期がんに限定した、実臨床に近い状態で診断精度が検証されており、高い評価を受けています。開発した自動内視鏡診断システムは動画上でも機能することが実証されており、今後の実用化が期待されます。
 同センターと会津大は2016年から、医学と工学を合わせた「医工連携」の取り組みを続けています。同センターの根本大樹医師、中島勇貴医師、冨樫一智医師と会津大の朱欣上級准教授の研究チームが携わりました。研究論文は2月、アメリカ消化器内視鏡専門誌で発表されました。
 冨樫医師は、「大腸がんは死因の上位に位置するがん。(開発によって)どこでも同じ治療を受けられる可能性がある」としています。

 2023年3月22日(水)

nice!(4)  コメント(3) 

■全国で新たに4460人が新型コロナに感染 前週より5000人減 [健康ダイジェスト]

 厚生労働省は22日、新型コロナウイルスの新規感染者が全国で4460人確認されたと発表しました。前週の水曜日より約5000人減りました。
 また、国内で新型コロナウイルスに感染して亡くなった人は、兵庫県で7人、大阪府で5人、埼玉県で3人、東京都で2人、神奈川県で2人、北海道で1人、大分県で1人、奈良県で1人、宮城県で1人、愛知県で1人、熊本県で1人、石川県で1人、福岡県で1人、長崎県で1人、青森県で1人、静岡県で1人の合わせて30人、累計で7万3592人となっています。
 都道府県別の新規感染者数の最多は広島県で392人。次いで東京都の373人、長野県の233人、大阪府の231人、神奈川県の220人、兵庫県の204人、北海道の181人、千葉県の178人、茨城県の165人と続きました。
 また、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や体外式膜型人工肺(ECMO<エクモ>)をつけたり、集中治療室などで治療を受けたりしている重症者は、22日時点で73人となっています。重症者の数は、21日と比べて3人減りました。
 一方、厚生労働省は22日、大阪府内で新たに231人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。これで、大阪府内の感染者の累計は282万3942人となりました。
 また、5人の死亡が発表され、府内で感染して亡くなった人は合わせて8452人となっています。重症者は、21日より2人少ない12人です。

 2023年3月22日(水)

nice!(2)  コメント(0) 

■東京都で新たに373人感染 新型コロナ、2人死亡 [健康ダイジェスト]

 東京都は22日、新型コロナウイルス感染者を都内で新たに373人確認したと発表しました。前週の同じ曜日から443人減り、11日連続で1週間前を下回りました。
 1週間平均の新規感染者数は、22日時点で572・4人で、前の週に比べて78・6%。
 新規感染者373人を年代別でみると、0歳3人、1~4歳7人、5~9歳9人、10歳代36人、20歳代75人、30歳代56人、40歳代65人、50歳代61人、60~64歳18人、65~69歳11人、70歳代13人、80歳代12人、90歳以上7人。重症化しやすいとされる65歳以上の高齢者は43人でした。
 入院患者は621人で、病床使用率は11・8%。人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO<エクモ>)を使っている重症の患者は、21日と同じ4人でした。
 一方、感染が確認された2人が死亡しました。
 東京都の累計は感染者433万572人、死者8040人となりました。

 2023年3月22日(水)

nice!(1)  コメント(0)