So-net無料ブログ作成

■病気 マロリー・ワイス症候群 [病気(ま)]





[魚座]激しい嘔吐により、食道と胃の境界付近の粘膜が裂けて出血する疾患
 マロリー・ワイス症候群とは、激しい嘔吐(おうと)によって、食道と胃の境界付近の粘膜が裂けて出血する疾患。出血により吐血、または下血を起こします。
 疾患名は、1929年に初めて報告した2人の医師、ジョージ・ケネス・マロリーとソーマ・ワイスに由来します。日本における発症は男性に多く、発症年齢は平均45〜50歳とされています。
 一般に酒を飲んだ後に嘔吐して起こることが多いのですが、胃と十二指腸の境界部にある幽門に狭窄(きょうさく)があるために、胃から十二指腸への食べ物の通過が悪くなって嘔吐する時や、食中毒、乗り物酔い(動揺病)、妊娠中のつわりで嘔吐する時、腹部を打撲した時、排便時に力んだ時にも起こります。
 むかつきがあるなど強い圧力が胃に加わると、胃の幽門は閉じて、幽門近くから縮まり、胃の中のものを上に押し上げます。これによって、食道と胃の境界付近がアコーディオンのように押し込められて、中の圧力が著しく高くなり、ついには粘膜に縦長の裂傷ができて出血します。
 症状は、吐血、下血のほか、鋭い胸の痛み、呼吸困難、立ちくらみなどがあります。吐血は強い嘔吐を何度か繰り返した後にみられますが、1回目の嘔吐で吐血することもあります。鋭い胸の痛みを伴う場合は、特発性食道破裂の可能性があります。
 大量出血した場合は、精神的な影響も加わってショック状態となり、意識はもうろうとなります。
[魚座]マロリー・ワイス症候群の検査と診断と治療
 ほとんどのケースで保存的治療が可能ですので、嘔吐した時や出血した場合は、なるべく早く内視鏡検査が行える診療所、病院を受診します。
 医師は一般の血液検査で、貧血の状態をみます。裂傷部分の判定には、以前は胃X線検査を行っていたのですが、裂傷部が浅い場合はわからないため、現在は上部内視鏡検査(胃カメラ)を行っています。内視鏡検査では、どこから出血しているか、裂傷の深さ、大きさ、出血がどのような形態か、すなわち動脈性か、じわじわとした出血か、すでに止まっているかなどを観察します。
 治療としては、軽症で出血が少ない場合は入院して、安静と絶食をしながら点滴を受け、裂けてしまった粘膜が自然に止血して回復するのを待ちます。
 出血が多く続く場合や、出血が止まっていても避けている部分が大きくて再出血する可能性が高い場合は、内視鏡下でレーザーを使って粘膜の裂傷部分を閉じ止血処置をします。止血処置には、裂傷の露出している血管にクリップをかける方法、血管を電気焼灼(しょうしゃく)する方法などがあります。
 処置後は、安静、絶食、点滴などの治療を行い、裂傷の治療としてH2ブロッカーなどの胃酸分泌抑制剤を服用します。
 大量出血した場合は、輸血が必要となることもあります。止血に時間がかかる場合は、内視鏡下で止血し、それでもなお止血が困難であれば手術をすることもあります。なお、食道破裂の場合は、すぐに手術する必要があります。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




タグ:潰瘍性大腸炎 過敏性腸症候群 臍ヘルニア クローン病 虫垂炎 大腸がん 急性虫垂炎 偽膜性腸炎 感染性胃腸炎 赤痢 十二指腸潰瘍 潰瘍 急性腸炎 急性大腸炎 アメーバ赤痢 慢性腹膜炎 ロタウイルス腸炎 急性腹膜炎 病気(ま) 慢性腸炎 吸収不良症候群 腸結核 臍炎 マロリー・ワイス症候群 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア) 大腸憩室 急性出血性腸炎 薬剤性大腸炎 蛋白漏出性胃腸症 移動盲腸 直腸炎(潰瘍性大腸炎直腸炎型) 直腸ポリープ 直腸脱 毛巣瘻 腸閉塞(イレウス) 鼠径ヘルニア(脱腸) 乳糖不耐症 臍帯ヘルニア 臍肉芽腫 腹壁ヘルニア 嵌頓ヘルニア 脱腸(鼠径ヘルニア) 移動性過S状結腸症 腸捻転 腸重積症 腸管癒着症 イレウス(腸閉塞) 潰瘍性大腸炎直腸炎型(直腸炎) 小腸がん 巨大結腸症 炎症性腸疾患 大腸カタル 薬剤起因性腸炎 セリアック病 いぼ状胃炎 化生性胃炎 肥厚性胃炎 消化管カルチノイド 大腸カルチノイド 直腸カルチノイド グルテン腸症 原発性吸収不良症候群 非熱帯性スプルー 牛乳不耐症 腸上皮化生性胃炎 好酸球性胃腸炎 好酸球性消化管疾患 ガストリノーマ 細菌性下痢症 細菌性急性胃腸炎 急性大腸炎(大腸カタル) ゆう状胃炎 隆起型びらん性胃炎 慢性肥厚性胃炎 特発性慢性胃炎
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気 末梢動脈疾患(PAD) [病気(ま)]





[時計]血管の病変が手足の動脈に慢性的に起こっている疾患
 末梢(まっしょう)動脈疾患とは、手足の血管の動脈硬化によって引き起こされ疾患。PAD(Peripheral Artery Disease)とも呼ばれます。
 日本では閉塞(へいそく)性動脈硬化症、もしくは慢性動脈閉塞症と呼ばれている疾患ですが、海外ではPAD、すなわち末梢動脈疾患という疾患名が一般的です。 主に40〜50歳以降に発症します。
 動脈に脂肪分が沈着して粥状(じゅくじょう)硬化(アテローム硬化)が起こると、血管の内膜が肥厚して内腔(ないくう)が狭くなったり、潰瘍(かいよう)ができたりします。結果として、血流に障害が起き、血液が固まって血栓を生じ、詰まりやすい状態になります。
 こういった血管の病変が末梢(まっしょう)動脈、すなわち手足の動脈に慢性的に起こっているのが、末梢動脈疾患です。
 末梢動脈疾患のある人は、手足の動脈だけでなく、全身の血管にも動脈硬化を来している場合が少なくありません。3割の人で冠動脈疾患の合併、2割の人で脳血管障害の合併が認められます。
 発症しやすいのは、糖尿病、高血圧、高脂血症、喫煙などの動脈硬化の危険因子を持っている人。食生活やライフスタイルの欧米化により、動脈硬化を基盤とする末梢動脈疾患が急速に増えています。
 初期の症状は、足の冷感やしびれです。進行すると、短い距離を歩いただけで、ふくらはぎや太ももの裏側が重くなってきたり、痛みを感じるようになります。2〜3分休むとよくなり、再び歩くことができます。
 この間欠性跛行(はこう)や足のしびれなどの症状が神経痛の症状と似ているために、勘違いされて見逃されることも多く見受けられます。
 さらに進行すると、安静時にも痛みが現れるようになります。病変がある動脈で、急に血液が固まって急性閉塞が起きた場合には、24時間を経過した後で、筋肉に壊死(えし)が起こることもあります。
[時計]末梢動脈疾患の検査と診断と治療
 歩くと下肢が痛くなる原因にはいろいろあり、神経痛などほかの疾患と勘違いして、末梢動脈疾患(PAD)を悪化させてしまうこともまれではありませんので、循環器科や心臓血管外科を受診します。
 医師による検査では、血管が閉塞した部位より先の動脈は、拍動が触れなくなります。四肢の血圧から足関節/上腕血圧比を測ることにより、さらに詳しく下肢の虚血を診断できます。確定診断には、血管造影検査が必要になります。
 初期の冷感やしびれに対しては、血管を広げる血管拡張薬や、血液を固まりにくくする抗血小板薬を中心に治療が行われます。手足の痛みが強く、ひじや、ひざから上の比較的狭い範囲で慢性の動脈閉塞が起きている場合には、カテーテル治療、レーザー血管形成術、バイパス手術、血管新生療法などが行われます。
 カテーテル治療は、狭心症や心筋梗塞(こうそく)の治療で行われるバルーン療法と同じ血管内治療。閉塞した部位にカテーテルを通し、そこで風船を膨らませて閉塞を治した後、再閉塞を防ぐためにコイルを留置します。レーザー血管形成術は、閉塞部近くまでカテーテルを挿入し、レーザー光を発して血栓や肥厚した内膜を霧状に散らす療法。
 バイパス手術は、閉塞した動脈の代わりに静脈や人工血管を使ってバイパスを作り、動脈の血行を再建する治療。血管新生療法は、肝細胞を増殖させる物質の遺伝子が血管を新しく作ることがわかったため、それを使って行う新しい治療。血管を新生する因子(HGF)を産生する遺伝子を含む医薬を筋肉に注射し、新しい血管を誕生させて血流をよみがえらせます。
 治療方法は数多くあるものの、末梢動脈疾患が重症になり、壊死が進行した場合は、足の切断が必要になることがあります。日本では毎年、1万人程度が足の切断を余儀なくされていると推定されます。
 この末梢動脈疾患は、糖尿病や高血圧、高脂血症がある人に起こりやすいので、このような既往症のある人は、食生活を正して食べすぎを避け、減塩を守ること、ストレスを解消すること、禁煙をすることが必要です。
 また、足の症状が出るまでは、休みながらも繰り返し歩くように心掛けます。歩くことにより、側副血行路が発達し血行が改善します。靴下、毛布などを使って、足の保温にも努めます。寒冷刺激は足の血管をさらに収縮させ、血液の循環を悪くさせるからで、入浴も血行の改善に役立ちます。
 足はいつも清潔にしておき、爪(つめ)を切る時は深爪をしないようにし、靴も足先のきつくないものを選ぶようにします。
 なお、末梢動脈疾患(PAD)の日本における保険適応上の疾患名は、閉塞性動脈硬化症もしくは慢性動脈閉塞症となります。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




タグ:病気(ま)
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気 慢性腸炎 [病気(ま)]





[トイレ]腸の粘膜に慢性的な炎症が生じ、便通異常を起こす疾患
 慢性腸炎とは、腸の粘膜が長期間に渡って炎症を起こしている疾患。主に大腸が侵されることが多く、小腸炎はまれです。
 この慢性腸炎になると、飲食物の栄養分の腸での吸収が十分に行われないで、便に出てしまいます。そのため、腸内での発酵が起こったり、腐敗が起こったりします。
 主な症状は、急性腸炎と同様に下痢です。主に朝、または夜に下痢があり、日中には何ら異常が起きない場合もあります。下痢と便秘が交互に起こることもあります。下腹部に軽い腹痛が起こり、腹がよく鳴ったり、おならがよく出ることもあります。
 排便には1日数回行くことが多く、軟便もあれば水様便もあるというように、便の状態がいろいろで、粘液や血液が混じることもあります。時には、肉眼で見られるような血液が混じっていることもあります。
 小腸下部から盲腸に炎症が限局している時は、出始めの便は硬く、終わりになるにつれて軟らかくなることがあります。
 また、毎食後必ず便意を催すような人もあります。食後まもなく、へその回りや左下腹部に短時間の痛みが起こり、便が出ると一時的に楽になりますが、排便後に衰弱感、脱力感、倦怠(けんたい)感があります。
 こういった症状が長く続くと、不安を抱いたり、神経質となって頭重、めまい、動悸(どうき)、不眠などを起こし、無気力になることもあります。栄養状態は比較的侵されないものの、子供や老人では衰弱してしまうことがあります。
 慢性腸炎の原因としては、まず感染症が挙げられ、腸結核、かびの一種の放線菌によって起こる化膿(かのう)性の放線菌症、病原性アメーバの感染によって起こるアメーバ赤痢、胆管や腸内に寄生するランブル鞭毛(べんもう)虫によって起こるランブリア症などがあります。
 感染症以外では、急性腸炎にかかった時の治療が不十分で、不摂生や精神的ストレス加わって起こります。時には、胃や肝臓、膵(すい)臓、心臓などの疾患から直接、間接に腸が刺激されて起こることもあります。そのほか、薬剤性腸炎によるもの、化学物質によるもの、放射線障害などによるものもあります。
 原因がまだわかっていないものも多く、非特異性炎症性腸炎と呼ばれ、潰瘍(かいよう)性大腸炎やクローン病などがそれに相当します。
 そのほか、薬剤性腸炎、化学物質によるもの、放射線障害などによるものもあります。
 慢性腸炎の合併症として、しばしばビタミン欠乏症が起きます。生野菜や果物を食べると下痢を起こし、ビタミンの吸収が悪くなります。ことにビタミンB2、ビタミンCの欠乏のために、舌や口の中に変化を起こしたり、口角炎なども起こしやすくなり、重症では体重が急激に減少することがあります。 
 ビタミン以外の栄養障害で、貧血を起こしたり、リウマチ様関節炎を合併することもあります。
[トイレ]慢性腸炎の検査と診断と治療
 慢性腸炎の症状が長く続くと、不安を抱いたり、神経質となって頭痛やめまいまで起こす場合もありますので、早いうちに内科の専門医を受診します。
 医師による診断では、便の検査が最も重視されます。色調、形、内容物の状態、血液が混じっているかどうかなどを調べ、さらに顕微鏡で、不消化の状態、寄生虫や原虫の有無などを調べます。細菌については培養して確定診断をしますが、培養に日数を要するものもあります。
 そのほか、腸のX線検査、大腸内視鏡検査が行われることもあります。
 ほかに似たような症状が現れる疾患として、過敏性腸症候群や吸収不良症候群などがあります。
 原因によって、治療法が異なります。感染症の場合は、それに適応する抗生物質が用いられます。副腎(ふくじん)皮質ホルモン(ステロイド剤)も用いられます。
 慢性腸炎を防ぐには、規則正しい食生活やストレスをためない生活習慣を心掛けることが基本となります。
 食事時間を規則正しくし、刺激の少ない、消化のよい食品を選びます。脂肪の多い豚肉や牛肉、それに繊維の多い果物や生野菜は避けるようにします。冷たい物、アルコール、濃い茶、コーヒ ー、刺激物なども避け、食品の調理では熱すぎず、冷たすぎず、味付けも濃すぎず、辛すぎず、酸っぱすぎずを基本とします。
 睡眠を十分にとること、タバコをやめること、おなかを温めること、寝冷えを防ぐことも大切で、スポーツやレクリエーション、趣味などによるストレス解消法を考えることも大切です。
 ただし、完全に治るまでには長期間を要しますので、あまり神経質にならないようにします。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気 慢性閉塞隅角緑内障 [病気(ま)]





[フリーダイヤル]房水の出口が慢性的にふさがり、徐々に視野が欠けていく緑内障
 慢性閉塞隅角(へいそくぐうかく)緑内障とは、眼内液である房水の出口が軽く閉じたり開いたりを繰り返しているうちに、出口が慢性的にふさがって、徐々に眼圧が上がる疾患。自覚症状に乏しく、徐々に視野が欠けていきます。
 閉塞隅角緑内障には、房水の出口が急にふさがり、急激に眼圧が上がる急性閉塞隅角緑内障(緑内障発作)もあります。慢性と急性の中間型として、軽度の発作を伴う亜急性閉塞隅角緑内障もあります。
 眼球には、角膜や強膜でできた壁の内側に、眼内液の房水が入っていて、その壁の弾力と房水の充満状態によって、一定の硬さを保っています。この硬さが眼圧であり、正常眼圧は平均15ミリHgと外気圧より高いことで、眼球の形を保っています。
 眼内を満たす房水は主に毛様体で作られて後房に分泌され、前房へ流れて水晶体や角膜に酸素や栄養を与え、水晶体や角膜から老廃物を受け取って、前房隅角より出て静脈に戻ります。
 ほとんどの緑内障は、房水の出口の前房隅角に問題があり、房水が流出しにくくなって眼圧が上昇します。慢性閉塞隅角緑内障も、自覚症状に乏しいまま徐々に前房隅角が虹彩(こうさい)にふさがれ、徐々に範囲が広がることが多く、前房水を静脈へ流出する機能が悪くなり、眼圧が上昇します。
 前房隅角が虹彩によってふさがれてしまう原因としては、生まれ付きの素因、また、強い遠視や老化のために、水晶体が膨らんで虹彩を持ち上げ、隅角部が狭くなることが挙げられます。
 一部の発症者は、睡眠によって軽減する目の充血、不快感、視力低下、頭痛を自覚します。大抵の発症者は、自覚症状に乏しく、慢性的にゆっくりと視神経が死滅していき、徐々に視野が欠けていくため、中期〜末期の進行した時点になってから、初めて気付くことが多くなります。
 視野の欠損の初めは、光の感度が落ちる程度で、いきなり黒い物が出現するわけではありません。また、両目で物を見る場合には脳が不具合を補正する両眼視機能が働くために、たとえ片方の目に慢性閉塞隅角緑内障による視野の欠けがあったとしても、視野の欠けが消失してしまうのです。
 両眼視機能には視力を向上させる働きもあり、片目だけの時よりも、両目で見ると少し視力が上がるため、片目の視神経の50パーセントを失っても、まだ自覚症状がありません。
 初期の段階では、視野の中心部分から欠けていくことは、まずありません。通常、中心の少し上あたりか、鼻側から欠けていき、次に、耳側のほうが欠けていきます。
 視野の中心部分は、網膜の黄班(おうはん)部や中心窩(か)に映っている映像で、黄斑部や中心窩は視神経の線維が強くできているためです。最終的には、中心部分だけが見えるため、まるで筒からのぞいているような見え方になります。
 このまま何もせず、慢性閉塞隅角緑内障の症状を放置すると、失明することになります。
[フリーダイヤル]慢性閉塞隅角緑内障の検査と診断と治療
 視野欠損や視力低下を最小限に抑えるには、なるべく早めに眼科を受診して、適切な治療を受けることが必要です。
 眼科の医師による検査では、中等度の眼圧上昇が認められます。眼圧が正常の場合もありますが、通常は発症している目のほうが高くなっています。隅角検査では、広範囲の隅角閉塞を認められ、周辺の虹彩前の癒着を認めることもあります。特徴的な視神経所見、視野変化を加えて、慢性閉塞隅角緑内障と診断します。
 治療としては、中期〜末期の進行した時点で初めて発見されることも多いことから、レザーによる虹彩切開が第一選択となり、房水の出口を閉じている周囲虹彩を切開します。また、隅角検査で隅角が狭いことが認められた場合、症状がなくても予防目的でレーザーによる虹彩切開が行われることもあります。
 レーザーによる虹彩切開によっても眼圧が下がらない場合は、薬物治療や虹彩切除を主とした手術が行われます。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康