So-net無料ブログ作成

■バレンタインチョコ菓子、約1万6000個を自主回収へ 金属片が混入 [健康ダイジェスト]





 2月14日のバレンタインデーに合わせて首都圏や名古屋市内の百貨店などで販売されたチョコレート菓子の中に金属片が混入していたことがわかり、製造元の愛知県蟹江町のメーカーは約1万6000個の商品の自主回収を始めました。
 自主回収の対象となっているのは、愛知県蟹江町の菓子メーカー「プレジィール」がバレンタインデーに合わせて製造し、首都圏や名古屋市内の百貨店などで販売された「オードリーショコラ」というチョコレート菓子の2個入り、5個入り、7個入り、10個入り、20個入りで、賞味期限が2月24日から3月11日までの約1万6000個。
 この商品を扱った「ジェイアール東海高島屋」によりますと、2月13日に購入した客から「大きさが3ミリほどの金属片が入っていた」と、連絡があったということです。
 菓子メーカーが調査したところ、工場の果物などを細かく砕く「かくはん機」という装置に破損した箇所が見付かったということで、「この装置の破片が混入した可能性が高い」としています。
 これまでに健康被害の報告はないということですが、菓子メーカーとジェイアール東海高島屋では同じ商品を自主回収することを決め、それぞれコールセンターを開設して購入した客からの相談に応じています。
 電話番号はプレジィールが0120-702ー147(営業時間/平日9:00〜17:00、2月24日以降の土日・祝祭日を除く)、ジェイアール東海高島屋が0120-105ー538(受付時間/10:00〜18:00)。
 プレジィールは、「今後、より一層の品質管理に努め、再発防止に取り組む」としています。

 2018年2月18日(日)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■東京都内でスギ花粉の飛散始まる 平均より2日早く [健康ダイジェスト]





 東京都は16日、都内のスギ花粉の飛散開始を14日に確認したと発表しました。過去10年平均の開始日の16日より2日早く、昨年より3日遅くなりました。
 東京都は先月から都内の12カ所でスギ花粉の観測をしており、このうち千代田区や杉並区、八王子市、多摩市など7カ所で14日から2日続けて、1平方センチメートル当たり1個以上のスギ花粉が観測されたとして、16日、「都内でスギ花粉が飛び始めた」と発表しました。
 過去10年の平均と比べて2日早いものの、昨年に比べて3日遅くなったのは、1月下旬から2月上旬にかけて気温の低い日が続き、スギの花の開花が遅れたことが影響しているとみています。
 また、この春に都内で飛ぶスギ花粉の量は、過去10年の平均との比較で1・1倍と、例年並みになる見通しです。
 東京都がまとめた花粉症患者の実態調査では、都民の48・8%がスギ花粉症で、10年前より17・4ポイント増えたと推定されています。東京都は予防に向けて、ホームページで各地の観測結果を掲載しており、花粉の飛散の多い日に外出する際のマスクや眼鏡の着用、帰宅時の花粉の払い落とし、洗濯物の室内干しといった対策を呼び掛けています。

 2018年2月18日(日)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康