So-net無料ブログ作成
健康ダイジェスト ブログトップ
前の4件 | -

■インフルエンザ薬「ゾフルーザ」、12歳未満は使用慎重に 学会が提言 [健康ダイジェスト]



 2019年春に変異型のウイルスが相次いで報告されたインフルエンザ治療薬の「ゾフルーザ」について、日本感染症学会は12歳未満の子供については使用を慎重に検討すべきだとする提言をまとめました。薬の効きにくい耐性ウイルスの発生率が高く、発熱などの症状が長引きやすいことを考慮しました。近く学会のホームページで公開します。
 提言では、12歳以上については十分なデータがそろっておらず、現時点で使用を推奨するかどうかは言及できないとしました。また、重症のインフルエンザ患者や、免疫力の落ちている患者などに対しては、ゾフルーザの単独での使用は推奨しないとしました。
 ゾフルーザについては、国立感染症研究所の研究チームなどが服用した患者から変異型ウイルスを見付けたと2019年春に報告。服用していない患者からも、このウイルスを確認しました。日本感染症学会は4月から、使用に関する提言を検討していました。
 開発元の塩野義製薬よると、大人では変異株に感染しても症状の続く時間は通常のウイルスと変わらない一方、子供では長引く傾向があるといいます。
 インフルエンザに詳しく、提言の策定にかかわる、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は、「ゾフルーザは、ほかの治療薬で十分な効果が得られない場合や、新型インフルエンザが流行した時に効果を発揮する可能性が高い。通常のインフルエンザに安易に使うべきではない」と指摘しています。

 2019年10月17日
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■東京都内の10歳代男女がデング熱に感染 修学旅行で奈良と京都を訪れる [健康ダイジェスト]



 蚊が媒介する感染症で高熱や激しい頭痛を引き起こすデング熱に、東京都内の10歳代の男女2人が感染していたことが16日、明らかになりました。
 東京都によりますと、2人は同じ学校の生徒で、修学旅行で訪れた奈良市か京都市で感染した可能性があるということです。
 デング熱に感染していたのは、都内に住む10歳代の男女2人で、2人は同じ学校に通う生徒です。
 東京都によりますと、2人は9月18日から20日にかけて学校の修学旅行で奈良市と京都市を訪れた後、都内に戻りましたが、26日以降に発熱などの症状がみられたため、医療機関を受診した結果、10月10日にデング熱への感染がわかったということです。
 2人は入院して症状が回復し、現在は退院しています。
 デング熱は蚊が媒介する感染症で、人から人に直接感染することはありません。
 2人には発症前の2週間に海外への渡航歴はなく、2人が修学旅行で同じグループで行動していたことから、訪れていた奈良市か京都市で蚊に刺されて感染した可能性が疑われるとして、それぞれの市に感染の情報を提供しました。
 東京都によりますと、海外への渡航歴のないデング熱の感染者が都内で確認されたのは、渋谷区の代々木公園を訪れた人を中心に感染者が相次いだ2014年以来ということです。
 デング熱の潜伏期間は2~14日。発熱や筋肉痛、発疹などの症状が出て、重症化することもあります。

 2019年10月17日
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■梅毒患者が3年連続で5000人超 都市部で増加   [健康ダイジェスト]


 国立感染症研究所は15日、今年に入ってから6日までの梅毒患者の報告数が5111人になったと発表しました。年間の患者数が5000人を超えるのは、3年連続となります。
 都道府県別では、東京都1310人、大阪府810人、愛知県280人、兵庫県228人、神奈川県214人、福岡県213人などが多く、都市部を中心に広がっています。
 国立感染症研究所によると、患者は男性に多く、20〜40歳代の幅広い年代にわたっています。女性は、20歳代が目立っています。
 梅毒は、性的接触を通じて感染します。3週間ほどで感染した部分にしこりができ、その後、手足など全身に発疹が出ます。症状は収まったり、再発したりを繰り返します。
 抗菌薬で治療すれば完治するものの、放置すると心臓などに合併症が出る危険性もあります。妊娠中に感染すると、おなかの赤ちゃんに感染し、障害が出たり死亡する恐れもあります。
 厚生労働省はコンドーム使用による予防と、各自治体で実施している無料検査の受診を呼び掛けています。

 2019年10月16日(水)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■マダニ感染症「日本紅斑熱」で50歳代男性が死亡 滋賀県で初めて [健康ダイジェスト]


 滋賀県は10月9日、近江八幡市に住む50歳代会社員の男性がマダニにかまれたことによる「日本紅斑熱(こうはんねつ)」に感染し、9月14日に死亡したと発表しました。同居する80歳代の母親もほぼ同時に感染したものの、回復しました。
 日本紅斑熱に関して届け出が必要となった1999年4月以降、感染、死亡とも県内では初めて。マダニは山や草むらなどに生息するため、県は予防策として肌の露出が少ない服装や、虫除け剤を使うなどの対策を呼び掛けています。
 県によると、男性は9月6日に発熱して医療機関を受診、7日に発疹が出ました。9日に体調が悪化し、治療を続けたものの、症状は改善せず14日に死亡しました。死亡後の血清検査で、日本紅斑熱と判明しました。
 男性にはマダニにかまれた跡を確認できず、感染した場所や日時は不明で、海外渡航歴もありませんでした。日本紅斑熱は、病原体「リケッチア」を持つマダニにかまれてから2~8日後に発熱、頭痛などの症状が出ます。
 滋賀県によると、「発熱」「手足の発疹」「刺し口」が症状の特徴で、致死率は約1%といいます。国立感染症研究所の調べでは、日本紅斑熱の死亡例は、1999年4月~2017年4月27日で発生2147例中21例。今年9月29日時点の発生届け出は全国で187件で、静岡県、高知県など太平洋側の温暖な地域での発生が多くなっています。

 2019年10月16日(月)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の4件 | - 健康ダイジェスト ブログトップ