SSブログ
前の4件 | -

■日本のコロナワクチン、調達数は最大136万回分に ワクチン第3便が成田空港に到着 [健康ダイジェスト]

 最大で約52万回分の新型コロナウイルスのワクチンを載せた航空機の第3便が、1日午前、成田空港に到着しました。
 アメリカの製薬大手ファイザーのワクチンは、2月12日と21日に続き、1日午前10時15分ごろ、生産工場のあるベルギーから成田空港に到着しました。
 ファイザーによりますと、3回目となる今回の空輸は、1瓶当たり6回採取する計算だと最大で約52万6500回分接種できる量だということです。
 ワクチンは、ドライアイスとともに専用の箱に入れられていて、航空会社のスタッフが航空機の貨物室から荷台に載せられた箱を慎重に取り出していました。
 ワクチンは貨物専用の車両で倉庫まで運ばれ、荷解きした上でトラックに積み替えられ、空港の外にある保管場所に運ばれることになっています。
 第1便、第2便と合わせて、これまでに日本に届いたワクチンは最大で約136万回分で、人数にして約68万人分が確保されたことになります。
 国内では、2月17日から始まっている全国100の医療機関の約4万人を対象にした先行接種に続き、今後は約470万人の医療従事者を対象にした優先接種も始まり、ワクチンは今週から都道府県に配送されます。
 ファイザーのワクチンは来週以降も、順次、国内に届く予定で、政府は優先接種の対象となる医療従事者と高齢者が2回接種するために必要なワクチンを、6月末までに全国に配送するという見通しを示しています。

 2021年3月1日(月) 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■ニュージーランド、最大都市オークランドに再びロックダウン発令 コロナ感染者の報告続く [健康ダイジェスト]

 ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は2月27日、新型コロナウイルス感染者の報告が続いていることから、最大都市オークランドに新たなロックダウン(都市封鎖)を発令しました。
 今回のロックダウンは、最低7日間続く見通し。オークランドでは約2週間前の2月14日にも、3日間のロックダウンが実施されました。
 市民170万人には28日朝から、必要不可欠な買い物や仕事以外は自宅にとどまるよう求められます。学校と生活必需品以外を扱う店舗は閉鎖され、市外との往来は制限されます。
 オークランド以外の地域の警戒レベルは「2」で、集会への制限などが実施されることになります。
 アーダーン首相は、27日の新規感染者1人が過去2週間に確認された検査陽性者らと直接つながっている可能性はないものの、オークランド南部にある学校が共通して関係していると述べました。
 オークランドでは2月、一家4人の感染が確認され、その後数件の発症例が報告されました。南部にあるこの学校が感染に関係しているとされています。
 27日の新規感染者は、前日に医師による診察を受け、その後スポーツジムに足を運びました。
 アーダーン首相は、この感染者が1週間ウイルスを人にうつす状態にあったものの、隔離されていなかったのは「懸念材料」だとコメント。市内での潜在的な感染拡大は、しかるべき時期に隔離されなかった人々に責任があると述べました。
 ニュージーランドは新型コロナウイルス感染症への対応で成功してきたとして、国際的に高く評価されています。昨年2月に最初の感染者が確認されて以降、3月1日午後3時までに確認された感染者は2376人、死者は26人にとどまっています。同国の人口は約504万人。

 2021年3月1日(月)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■新型コロナ、世界の感染者1億1395万人 死者252万人 イギリス、人口の約30%が少なくとも1回ワクチン接種 [健康ダイジェスト]

 アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の集計によりますと、新型コロナウイルスの感染が確認された人は、日本時間の1日午前3時の時点で、世界全体で1億1395万840人となりました。また、感染して亡くなった人は、世界全体で252万8117人となりました。
 感染者が最も多いのはアメリカで2856万7544人、インドが1109万6731人、ブラジルが1051万7232人、ロシアが419万8400人、イギリスが418万8823人となっています。
 感染して亡くなった人が最も多いのもアメリカで51万2346人、ブラジルが25万4221人、メキシコが18万5257人、インドが15万7051人、イギリスが12万3083人となっています。
 イギリス政府は2月28日、新型コロナウイルスのワクチンを少なくとも1回接種した人が、人口の約30%に当たる2000万人を超えたと発表しました。今年7月31日までに、18歳以上のすべての人に1回目の接種を行う計画です。
 昨年12月から介護施設の入居者とスタッフから始まり、80歳超の人や医療者・社会福祉従事者、高齢者や感染リスクの高い人たちへと、順番に対象グループを変えてワクチンの接種が進むイギリスでは、なるべく多くの人にワクチンを行き渡らせるために1回目の接種を優先しており、2回目は12週間後までに行うとしています。
 ボリス・ジョンソン首相は、自らのツイッターで、医療スタッフやボランティアなど接種計画に携わるすべての人に感謝の意を示しました。
 イギリスでは、変異ウイルスの感染拡大で、今年1月には1日の感染者が6万人を超える日もありましたが、外出制限などの厳しい対策もあって感染者は減少傾向で、政府は規制を段階的に緩和する計画です。
 一方で、2月28日には、ブラジルで感染が拡大している変異ウイルスが国内で初めて確認され、警戒も強まっています。

 2021年3月1日(月)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■新型コロナ、東京都で329人感染 6人死亡 34都道府県で999人感染、30人死亡 [健康ダイジェスト]

 国内では28日午後6時30分の時点で、東京都で329人、千葉県で132人、神奈川県で131人、埼玉県で97人、大阪府で54人、愛知県で31人、北海道で27人、兵庫県で26人、福岡県で23人など、34都道府県で新たに計999人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。
 また、埼玉県で6人、東京都で6人、福岡県で4人、千葉県で3人、茨城県で3人、北海道で2人、大阪府で2人、京都府で1人、奈良県で1人、岐阜県で1人、神奈川県で1人の、合わせて30人の死亡の発表がありました。
 国内で感染が確認された人は、空港検疫などを含め43万2720人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて43万3432人となっています。
 感染して亡くなった人は、国内で感染した人が7897人、クルーズ船の乗船者が13人の、合わせて7910人です。
 東京都は28日、都内で新たに10歳未満から100歳以上までの男女合わせて329人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。日曜としては前週の21日より57人多くなりましたが、都内で1日の感染の確認が500人を下回るのは22日連続です。
 329人のうち、約40%の131人は、65歳以上でした。複数の高齢者施設や医療機関で数十人規模のクラスター(感染者集団)が発生し、高齢者に感染が広がるケースが目立っています。
 直近1週間の平均感染者数は277・4人で、前週の341・6人の約8割でした。都が目標とする「前週比7割」に到達しておらず、下げ止まり傾向が続いています。
 329人の年代別は、10歳未満が9人、10歳代が17人、20歳代が43人、30歳代が50人、40歳代が36人、50歳代が30人、60歳代が27人、70歳代が40人、80歳代が45人、90歳代が30人、100歳以上が2人。
 329人のうち、35%に当たる116人は、これまでのところ感染経路がわかっていないということです。
 一方、感染経路がわかっている濃厚接触者の内訳は、「施設内」が最も多く126人、次いで、「家庭内」が58人、「職場内」が12人、「会食」が6人などとなっています。
 このうち「施設内」では、6つの医療機関で患者と職員合わせて40人、8つの高齢者施設で利用者と職員合わせて83人の感染が確認されました。
 これで都内で感染が確認されたのは、合わせて11万1676人になりました。
 また、2月の感染確認は1万997人で、月別で最も多かった1月の4万367人と比べて70%余り少なくなりました。
 一方、28日時点で入院している人は、27日より2人増えて1696人。「現在確保している病床に占める割合」は、33・9%。
 入院している人のうち、都の基準で集計した28日時点の重症の患者は、27日より1人減って67人で、重症患者用の病床の20・3%を使用しています。
 また、都は、感染が確認された80歳代と90歳代の男女合わせて6人が死亡したことを明らかにしました。
 3人は入院していた医療機関で、2人は家庭内で、1人は入所していた老人保健施設で、それぞれ感染したということです。
 これで都内で死亡した人は、合わせて1376人になりました。
 東京都の小池百合子知事は、都庁で記者団に対し「先週の日曜日が270人台、28日は330人近いということで、下げ止まりどころか、残念ながら増えている。今、必要なのは、徹底して人の流れを抑えていくことだ。人の流れが増えて再び感染が拡大することがないよう協力をお願いしたい」と述べました。

 2021年2月28日(日)

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の4件 | -