So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

■新型出生前検査、無認可で行う医療施設も 厚労省が実態把握へ [健康ダイジェスト]



 妊婦の血液を調べて、赤ちゃんの染色体に異常があるかないかを調べる新型出生前検査で、適切なカウンセリングが行われていないケースが増えているとみられることから、厚生労働省は実態の把握と対策に向けた検討を始めました。
 おなかの中の赤ちゃんに、障害の原因となる染色体の異常があるかないかを調べる新型出生前検査は、日本産科婦人科学会が、妊婦に十分なカウンセリングを行うことなどの条件を定め、それを満たした全国90余りの病院が認可を受けて実施しています。
 しかし、認可を受けなくても法律上の罰則はないため、無認可で、十分なカウンセリングを行わずに検査を行う医療施設が増えていると指摘されています。
 このため、厚労省は、実態の把握と対策に向けて専門家による検討会を設け、21日、初めての会合を開きました。
 会議では、事務局から無認可の医療施設での検査体制を調べることや、検査を受けた人にアンケートを行う案が示され、今後、調査を行って年度内をめどに取りまとめることになりました。
 厚労省は、無認可での検査の広がりや課題を把握した上で、専門家の意見を踏まえて必要な対策を検討することにしています。
 国立成育医療研究センターの左合治彦医師は、「新型出生前検査では、結果を伝えるというだけなく、妊婦が個別にどう解釈し、何に悩んでいるのか、それに答えていくカウンセリングが必要だ。多くの無認可の施設では産婦人科の専門医がおらず、検査の結果、どう対応するのかなど、十分なカウンセリングが行われていないのが大きな問題だ」と指摘しています。
 さらに左合医師は、「どのくらいの検査が行われ、結果がどうだったのかを集計し、現状を把握した上で、どのような施設であれば、きちんとしたカウンセリングが行えるのかなど、適切に検査が受けられる体制作りを議論していく必要がある」と話しています。
 無認可の施設で検査を受けた人の中には、カウンセリングなどがほとんど受けられず不安が増してしまったという人もいます。
 東京都内に住む36歳の女性は昨年、妊娠がわかり、SNSのLINEで予約を受け付けていた都内のクリニックを受診しました。
 来院して初めて、産科の専門医がいない美容形成外科だと気付いたということで、スタッフに検査の内容について尋ねても「インターネットで調べたほうが早いかもしれません」などといわれ、30分程度で検査を終えるとそのまま帰されたということです。
 女性は、「年齢も年齢だったし、仕事のこととかいろいろ悩んでいたので、予約した時はどんな病院がいいとか悪いとかそこまで深く考えていませんでした。この人たちに自分の血液を渡して大丈夫なのかなと不安に思いましたが、来てしまったからにはやるしかないという思いで検査を受けました」と話していました。
 その後、結果が郵送で送られてきて、染色体に異常がないことを示す「陰性」と伝えられましたが、その後のフォローも全くなかったということです。
 女性は、その後かかりつけの産婦人科で検査をする施設に認可と無認可の違いがあったことや、わずかながら誤った検査結果が出る可能性があったことを知らされました。
 今年5月に出産しましたが、当時のことを思い出し、「検査が簡単にできてしまったので、軽くみていたところはあったと思います。大事な子供の命を預けることになるので、恐ろしいことをしてしまったのかもしれないと思いました」と話しています。

 2019年10月21日(月)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■人工乳房など2製品に保険適用 例外的なスピード対応 [健康ダイジェスト]



 乳がん手術後の乳房再建や豊胸のために使う人工乳房(インプラント)が、特殊な血液がんの発症リスクがあるとして自主回収された問題で、厚生労働省は18日、代替品となる新たな人工乳房など2製品について、16日付で公的な医療保険の適用対象としたことを明らかにしました。
 保険適用は当初、早くても11月1日付とみられていましたが、関係学会の要望を踏まえ、緊急の例外的な対応として早めたといいます。
 製造販売を手掛けるのはアイルランド製薬大手の日本法人「アラガン・ジャパン」(東京都渋谷区)で、価格は人工乳房が7万2600円、人工乳房を入れる前に胸の皮膚などを伸ばす拡張器は6万6000円。
 厚労省によると、血液がんの発症リスクは低いといいます。いずれの製品もアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されています。

 2019年10月21日(月)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■口臭の強い女性、男性の2倍に上る 原因は女性ホルモン [健康ダイジェスト]



 口臭の強い女性は男性の2倍に上るという結果をまとめた民間調査が、注目を集めています。女性ホルモンの分泌が口臭の原因となる歯周病を引き起こしやすいためだといいます。
 調査は、歯科医療機器商社のモリタや歯科医師などが参加する研究グループがまとめました。5月に首都圏の男女214人の口臭を機器で測定したところ、周りが臭いに気付く基準値50を上回る人の割合が男性の8・3%に対して、女性は2倍の17・9%に上りました。
 男性は若年層で7・4%、中高年層で9・3%、女性は若年層で11・5%、中高年層で24・1%でした。
 女性のほうが多い大きな要因は、女性ホルモンにあります。日本歯科大学付属病院の小川智久准教授は、「歯周病の原因となる歯周病菌は女性ホルモンを好む」と話しています。通常、女性ホルモンは血液中に分泌されるものの、口の中には例外的に歯と歯茎の間から体液と一緒に染み出てくるために、女性は男性に比べて歯周病リスクが高くなります。
 小川准教授は、「ホルモンの分泌が盛んな思春期や妊娠中はもちろんだが、更年期の女性は特に注意すべき」と指摘しています。骨密度の減少で歯茎を支えるあごの骨がもろくなり、歯茎と歯の隙間が広がって女性ホルモンがより染み出やすくなります。また、更年期障害の症状の一つである「ドライマウス」になると、口内をきれいに保つ働きを持つ唾液が減って臭いのもととなる細菌も増殖しやすくなります。
 口臭を防ぐにはどうすればいいのか。大手町デンタルクリニック(東京都千代田区)の島倉洋造院長は、「歯ブラシ以外のセルフケアも習慣化すべき」と勧めます。歯間ブラシやフロスなどの器具を使うと、歯ブラシの届かない箇所まできれいにできます。
 「歯磨き粉は殺菌成分が入っているものがお勧め」と話すのは、ライオンのオーラルケア開発担当部長、大古勝朗さん。同社のオーラルケアマイスター、太田博崇さんは、「口臭の原因は歯周病菌などの細菌だとの認識が広がり、臭いを隠すだけでなく、菌を取り除くケアへの関心も高まってきた」と指摘しています。

 2019年10月20日(日)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■透析治療中止を巡り、福生病院を提訴 死亡女性の遺族 [健康ダイジェスト]



 東京都福生(ふっさ) 市の「公立福生病院」で昨年8月、人工透析治療を中止した腎臓病患者の女性(当時44歳)が死亡した問題で、女性の夫(52歳)と次男(21歳)が17日、病院を運営する「福生病院組合」に計2200万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしました。
 訴状によると、女性は昨年8月9日、透析治療を受けていた別の診療所から紹介され、同病院を受診。医師の提案で透析の中止を受け入れました。体調が悪化して入院した後の16日に「苦しい」と訴え、中止を撤回する意思を示したものの、透析は再開されず、同日に死亡したとしています。
 原告側は「透析中止の提案は命を奪う行為で違法だ」とした上で、「医師は中止を撤回できると説明せず、撤回の意思表示も無視した」と主張しています。
 原告側の代理人弁護士らは提訴後に記者会見し、「医師が妻の叫びを受け止めて治療を再開してくれていたら、今も生きていたと思うと残念でならない」とする夫のコメントを読み上げました。
 一方、福生病院組合の管理者を務める加藤育男・福生市長は、「訴状が届いておらず、コメントできない」としています。

 2019年10月19日
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:健康
前の4件 | -