SSブログ
前の4件 | -

■国内の新型コロナ新規感染者は3万5644人 死者は75人、重症者は165人 [健康ダイジェスト]

 新型コロナウイルスの国内感染者は1日午後7時現在、新たに3万5644人が確認されました。前週の同じ曜日(6月24日)より3573人少なくなりました。死者は全国で75人でした。
 都道府県別で新規感染者が最も多かったのは東京都の3834人。続いて神奈川県が2620人、大阪府が2619人、愛知県が2195人、北海道が2090人、埼玉県が1831人でした。
 新型コロナウイルスへの感染が確認された人で人工呼吸器や体外式膜型人工肺(ECMO<エクモ>)をつけたり、集中治療室などで治療を受けたりしている重症者は、1日時点で165人となっています。重症者の数は9月30日と比べて13人減りました。
 厚生労働省によりますと、9月29日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は、速報値で5万2897件でした。
 一方、大阪府は1日、新たに2619人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。これで大阪府内の感染者の累計は209万8613人となりました。
 また、9人の死亡が発表され、府内で感染して亡くなった人は合わせて6447人となりました。
 重症者は30日から2人増えて27人です。

 2022年10月1日(土)

nice!(1)  コメント(2) 

■東京都で新たに3834人が新型コロナ感染 4日連続で1週間前を下回る [健康ダイジェスト]

 東京都は1日、新型コロナウイルスの感染者を新たに3834人確認したと発表しました。前週の土曜日(9月24日)より1021人減り、4日連続で1週間前を下回りました。
 感染が確認された50~90歳代の男女13人の死亡も発表されました。
 1日までの1週間の感染状況をみると、感染者数は1日当たり5146・0人で、前週(6333・1人)の81・3%でした。
 1日に発表された新規感染者を年代別にみると、最多は20歳代の669人で、次いで40歳代の618人、30歳代の579人と続きました。65歳以上は379人でした。
 病床使用率は28・0%。「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO<エクモ>)を使用」とする都基準の重症者数は、前日から1人減って13人でした。

 2022年10月1日(土)

nice!(0)  コメント(0) 

■新型コロナと同時流行が懸念のインフルエンザ、大阪市内の幼稚園で学級閉鎖 1年7カ月ぶりに [健康ダイジェスト]

 大阪市内の幼稚園でインフルエンザによる今季初の学級閉鎖が報告されたことが、厚生労働省のまとめでわかりました。小中高校や幼稚園などで学年・学級閉鎖が報告されるのは宮崎、沖縄両県に続いて3府県目で、近畿地方では初めて。大阪市内では1年7カ月ぶりとなります。
 厚労省が9月30日に発表した「インフルエンザの発生状況について」によると、9月19~25日の1週間に大阪市内の幼稚園1施設で1人の患者が確認され、学級閉鎖となりました。
 大阪市内では2019年秋から2020年春までのシーズンに、173施設で学年閉鎖、610施設で学級閉鎖となりました。しかし、新型コロナウイルスの流行が本格化した2020~2021年のシーズンは1施設で学年閉鎖となっただけで、2021~2022年のシーズンの学年・学級閉鎖はゼロでした。
 国内ではインフルエンザの流行がほぼ2年なく、十分な免疫を持たない人が増えていることから、今季は新型コロナとインフルエンザの同時流行が懸念され、専門家らがワクチン接種などの対策を呼び掛けています。

 2022年10月1日(土)

nice!(0)  コメント(1) 

■北朝鮮、季節の変わり目の風邪予防のため「マスク着用」を勧告 [健康ダイジェスト]

 北朝鮮が季節の変わり目を迎え、国民に風邪を予防するためのマスク着用を勧めています。
 9月28日、北朝鮮の朝鮮中央通信は、平壌(ピョンヤン)医学大学呼吸器内科学講座長のキム・ヨンソン副教授の話として、「風邪を事前に防ぐ上で最も効果的で重要なのはマスク着用だ」と報じました。
 朝鮮中央通信は「マスクはさまざまな感染病を引き起こす感染経路を遮断する1次的な手段」とし、「防疫および保健機関では10月に入って天気が冷え込むのに合わせて、すべての住民が自主的な健康保護とともに、風邪を始めとする呼吸器疾患の感染を事前に防ぐためにマスクを着用することを勧告している」と強調しました。
 これに先立ち北朝鮮は8月、新型コロナウイルス感染症の防疫戦勝利を宣言し、最大防疫体系を正常防疫体系に引き下げた状態です。しかし、変異ウイルスの流行などで再拡散の可能性が存在する状況で、依然として防疫は要であり、秋の季節の変わり目に差し掛かり、マスク着用を勧告することが多くなりました。
 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は9月、新型コロナのワクチンの接種を始める方針も明らかにしていて、国民の不満の高まりを抑える狙いがあるものとみられます。

 2022年10月1日(土)

nice!(0)  コメント(0) 
前の4件 | -