SSブログ

■用語 ハスカップエキス [用語(は行)]

[クリスマス]ハスカップエキスとは、ハスカップという北海道でのみ栽培されているスイカズラ科の落葉低木になる果実から抽出したエキスのこと。ハスカップという名前はアイヌ語に由来し、和名はクロミノウグイスカグラ。
 ハスカップの果実には、ビタミンA、B、C、Eや鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルが他の果実と比べて多く含まれています。
 特に注目の成分は、目の老化や疲れ、視力の低下の予防や改善に効果があり、抗酸化活性が高いシアニジン系アントシアニン。シアジニンの含有量は、アントシアニンで有名なブルーベリーを超えるといわれます。アントシアニンは血管の保護や強化、肝機能の改善などにも高い効果があり、美容や健康の維持に最適な成分。
 近年、その機能性が注目されて、ハスカップエキスがサプリメントとして用いられるようになり、女性向けの美容サプリメントも開発されています。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0