So-net無料ブログ作成

■顔のしわ取り機を医療機関に違法販売・貸与 大阪府警、業者を逮捕 [健康ダイジェスト]





 高周波で顔のしわを取り、たるみをなくす国内未承認のアメリカ製の美容医療機器「サーマクール」を不正に輸入・販売するなどしたとして、大阪府警は25日、大阪市住之江区の医療機器販売会社「セイルインターナショナル」社長、坂口時彦容疑者(62歳)(大阪市中央区)と、元同社販売課長、田中聡容疑者(47歳)(大阪市福島区)を医薬品医療機器法違反(未承認医療機器販売・貸与)の疑いで逮捕しました。
 大阪府警生活環境課などは、セイルインターナショナルが全国のクリニックに販売や貸与していたとみています。
 逮捕容疑は昨年10月〜今年1月、サーマクール1台を名古屋市中区の医療機関に395万円で販売したほか、東京都豊島区と横浜市西区の2医療機関に1台月額13万〜16万円で貸したとしています。
 坂口容疑者は「サーマクールが未承認であることは理解しているが当社は輸入事務の代行をしているだけで、販売は別会社がした」と否認し、田中容疑者は認めているといいます。
 サーマクールは棒状の先端部分を顔に当て、電磁波による刺激でコラーゲンを増やして、しわやたるみを取る効果があるとされるアメリカ製の美容機器。医薬品医療機器法では、未承認医療機器の国内販売を禁じていますが、国が許可すれば医師が治療目的で個人輸入することができます。
 坂口容疑者らは、この制度を悪用。セイルインターナショナルは2010年に医療機器の輸入や販売を始めていましたが、取引先の複数の医師の医師免許証のコピーを本人に無断で厚生労働省近畿厚生局に提出して通関用の証明書をだまし取り、サーマクールをアメリカから輸入して、関東を中心に全国の医療機関に販売していたとみられます。
 大阪府警は今後、詐欺や有印私文書偽造・同行使容疑での立件も視野に調べます。
 クリニックでは、安全のため使用回数制限があるチップを、肌に当てる部分の先端に付けて施術します。厚労省によると、セイルインターナショナルは本体と合わせて、チップの回数制限を解除する不正機器を123の医療機関に販売していました。
 厚労省は今年1〜2月に計2回、セイルインターナショナルに立ち入り調査を行い、不正改造したチップによるやけどや水膨れの被害が9件あったことを確認。2月16日に、改造品の使用の中止を医療機関に対して呼び掛けるよう都道府県などに通知していました。

 2017年9月25日(月)
nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

坂口時彦

プライバシー権侵害,名誉権侵害,営業の自由侵害

貴ブログに掲載されている引用記事では「顔のしわ取り機を医療機関に違法販売・貸与 大阪府警、業者を逮捕」と記載されたままです。
これでは現在でも私、坂口時彦が被疑者扱いになっております。
同事件の被疑者とされていましたが、大阪地方検察庁から嫌疑不十分による不起訴処分となりました。
また、輸入に必要な書類を偽造したとか,詐欺罪で告発されたなどの記事も見られましたが、
私は,医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律違反事件のみならず,
有印私文書偽造,偽造有印私文書行使事件及び詐欺事件のすべてが嫌疑不十分による不起訴処分となっており、報道された私に対する嫌疑はすべて晴れています。
それにもかかわらず,上記各記事がいまだに掲載されているため,私のプライバシー権が侵害されているのみならず,
偽造や詐欺とまで報道されたため,私の社会的な評価が著しく低下しています。
しかも,本件は,私の営業にかかわる記事であるため,単に名誉権が侵害されているだけでなく,
私が経営するセイルインターナショナル株式会社の代表者が不正をしたとの印象を世間に与えるため,私の営業の自由まで侵害されています。
現在でも,坂口時彦と検索すると,貴社の URL 事が出てくるため,私のプライバシー権,名誉権及び営業の自由が不当に侵害されます。
よって,当該情報の送信防止措置を要求します。

以上
by 坂口時彦 (2019-06-08 23:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。