So-net無料ブログ作成

■楽天、がん治療事業に参入へ アメリカの免疫ベンチャー企業に出資 [健康ダイジェスト]





 楽天はがん治療事業に参入します。新しいがん治療法として注目される「光免疫療法」の商業化を進めているアメリカのベンチャー企業、アスピリアン・セラピューティクス(カリフォルニア州)に2割超出資して持ち分法適用会社とします。
 楽天は電子商取引(EC)会員の健康データと組み合わせた医療サービスを検討し、新たな収益源に育てます。
 三木谷浩史会長兼社長が出資の意向を明らかにしました。光免疫療法は2011年にアメリカ国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員らが開発。これまでのがん治療法と大きく異なる新しい治療法です。
 アメリカではすでに臨床試験(治験)が始まっており、数年後には認可される見通し。楽天は日本でも早期に手続きを進める方針です。
 アスピリアン社は、がん細胞だけが持つタンパク質に結び付く性質がある抗体とセットになる特定の色素を狙って近赤外線を照射し、がん細胞だけを選んで死滅させる光免疫療法を開発しています。近赤外線はテレビのリモコンなどに使われ、人体に当たっても害がないといわれ、正常な細胞には影響しないため副作用も出にくいといいます。
 アスピリアン社に三木谷氏自らが筆頭株主として出資し、取締役会長にも就いています。楽天としても成長が見込めるとみて出資し、日本での事業化を目指します。日本法人のアスピリアンジャパン社は設立済みで、商用化に向け100人規模の体制にします。大学などとの共同研究も検討します。
 楽天の主力であるEC事業は、国内外の競合企業が増え競争が激しくなっています。一方、医療分野は高齢者の急増などで成長が見込めます。主力の「楽天市場」での商品・サービスや個人会員の健康状態といった膨大なデータを組み合わせれば、がん治療などの医療サービスを効率的に提供できるとみています。
 楽天は2017年夏に、遺伝子検査サービスのジェネシスヘルスケア(東京都渋谷区)に約14億円を出資。今年9月には寝具メーカーのエアウィーヴ(東京都中央区)にも出資するなど、医療・健康分野に注力しています。

 2017年11月29日(水)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。