SSブログ

■受動喫煙で遺伝子変異、女性の肺がん促す 国立がん研究センターなど [健康ダイジェスト]

 国立がん研究センターは16日、受動喫煙が肺の細胞の遺伝子を傷付け、がん化を促す仕組みを特定しました。たばこの煙で肺に炎症が起き、遺伝子に変異を起こす特定のタンパク質の働きが高まっていました。良性な腫瘍で作用して発がんリスクを高めるほか、治療薬への耐性など悪性化にも関与しているとみられます。
 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙は肺がんの発症リスクを高める因子として知られるものの、その詳細な仕組みはわかっていませんでした。
 国立がん研究センター中央病院で手術を受けた女性の肺がん患者約400人を対象に受動喫煙歴と遺伝子変異の関連をゲノム解析で分析しました。自分自身は喫煙しないものの10歳代や30歳代のころに、継続的に受動喫煙の経験があったと回答した人は、非喫煙者に比べて遺伝子の変異数が約12%多くなりました。
 遺伝子に傷を付けるタンパク質「APOBEC」に特徴的な変異が、ゲノム全体で確認された。このタンパク質は炎症によって細胞で作られるほか、がん治療の際に抗がん剤が効きづらくなるなど、患者の予後を悪化させる因子として知られています。
 一方で、肺がんのもととなる腫瘍形成にかかわる遺伝子の変異には、影響がみられませんでした。
 国立がん研究センター研究所の河野隆志分野長は、「受動喫煙はすでにできた良性腫瘍でランダムな遺伝子変異を誘発させ、がん化と悪性化を促しているとみられる」としています。
 研究チームは男性にも同じ影響があるとみており、今後は解析する患者数を増やし、子供や大人に与える影響の違いなどを調べる方針です。東京医科歯科大学との共同研究で、成果をまとめた論文は国際医学誌に掲載されました。

 2024年4月17日(水)

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。