SSブログ

■脊髄難病の胎児の手術に成功、大阪大病院 母親の子宮切開で国内初 [健康ダイジェスト]

 大阪大医学部付属病院は15日、脊髄が背骨や皮膚で覆われていない国指定難病「脊髄髄膜瘤(りゅう)」と診断された胎児の手術に成功したと発表しました。母体の子宮を切開して実施する手法で成功したのは国内初といいます。
 手術は、同大大学院の遠藤誠之教授を中心とする共同研究チームが2021年4月~2024年4月に6件実施。母親の腹部と子宮を切開し、胎児の脊髄などが露出した部分をふさぎました。
 手術は成功したものの、1例目は早産による複数の合併症で生後約3カ月で死亡しました。2~5例目の経過は安定しているといいます。6例目は現在も妊娠中。
 海外では胎児手術が普及しつつあるものの、多様な専門医の連携が必要で、これまで国内では、生まれた後に治療する方法が取られてきました。胎児の段階で治療することで、脊髄の損傷が軽減できるといいます。
 研究チームは、今後も手術を行って安全性や有効性を確かめ、早ければ3年後に実用化したいとしています。
 遠藤教授は、「出生前検査でこの病気がわかることもあり、今回の手術が病気の胎児と家族にとって、新たな選択肢となるよう体制を整えていきたい」と話していました。

 2024年4月15日(月)

nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。